1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 聖地巡礼2009~涼宮ハルヒの憂鬱~ 通学路編
  4. 聖地巡礼 » 
  5. 聖地巡礼2009~涼宮ハルヒの憂鬱~ 通学路編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

聖地巡礼2009~涼宮ハルヒの憂鬱~ 通学路編

今回はスクーターを使って巡礼してきましたよ。

本日、休みと職場の健康診断実施日が重なったので時間を有効的に活用(ん?!)するため
朝一に健康診断を受け、その後ぷら~っとアニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』の舞台のモデルになった
兵庫県西宮市内に点在する数箇所を巡礼してきました。
性懲りもなく・・・
まずは、某北高~阪急甲陽園駅までを順に辿っていきます。
通学路1
8/26発売予定のDVDのCMでもお馴染みの北高横の通学路です。
ご覧の通りの景色(絶景)です。
こんな高いとこにあったんだなと実感できるのも聖地巡礼の醍醐味。
坂道は思った以上に勾配があるんで歩いて来なくてよかったと、このときはさすがに思いました。
画像はありませんが肝心の校舎はこの右側にあり、
ひとつ奥にある校舎の屋上にはハルヒがボールを当てたミニ天文台があります。
画像の坂を逆に登っていき左へ曲がり、坂を少し降ると
新エンディングでも登場する階段前の校門にいけます。
写真は撮らなかったんですが、アニメそのまんまでした。

※帰宅してから『サムデイインザレイン』の回のDVDを観たのですが
ハルヒから電気ストーブを取りに町まで行くように言われ激しく拒否するキョンにかなり共感できた。
確かに、ここの通学路は1日に2往復もしたくねぇよな・・・

上の画像の坂を下ってゆき一方通行の道のほうへ入り、大沢西宮線に合流します。
道なりに下っていくと度々劇中にちらっとだけ登場するガソリンスタンドが。
通学路2
この道路は想像以上に交通量が多いので、車で行かれる場合は注意が必要です。
(GSで給油中に写真を撮るっていうのもひとつの手かもしれません)

少し下ると『憂鬱Ⅰ』や『サムデイ~』で登場する橋(銀水橋)。
通学路3
木や草がロケハンの時より成長しているため若干、様子が異なっております。

更に進んで甲陽園駅近くにあるコンクリ製の階段。
通学路4
ここも『憂鬱Ⅰ』でキョンの通学シーンで登場するところです。
ご覧のようにかなり急な階段ですが、地元の方はスイスイ上っていきます。
婆ちゃん恐るべし・・・
階段途中にあるはずの椅子が撤去されてて(´・ω・`)ショボーン
通学路5
人の往来が予想以上にあるので写真撮影時に気を使う場所でもあります。
大沢西宮線から車でも直接ここには来れますが、かなり道が入組んでいるので
遠回りし甲陽園駅まで来てからコインパーキングで駐車→辺りを散策がベストだと思います。

通学路編の終点、阪急甲陽園駅前。ここもアニメそのまんま。
交通量が結構あるので撮影する時は安全を確かめてから、というのは当たり前。
聖地巡礼で車に跳ねられたらシャレにならんし。
駅前
先ほどの階段は右端に写っているコインパーキングと美容院(?)の間の道から入って行きました。
キョンが自転車を停めた駐輪場は画像左方向へ少し進んだところにある
但馬銀行の近くですが、かなり小さく狭いので見逃してしまうかもしれません。
(道なりに画像右方向へ行くと例の踏切へ行けますが、それはまた後日。)

かなり大雑把ではありましたが通学路編をお送りいたしました。
行ってみて初めて解ったことは位置関係がアニメでも正確に作られていたということ。
それぞれの場面を巡っていくに従い、
現実でもちゃんと一本の線で繋がるので巡っていて楽しかったですね。

後編に続きます。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mokeiorz.blog5.fc2.com/tb.php/457-4426b42f この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー (※印は完成)
ついったぁ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。