1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. ストラトス・フォーPinky:st製作ガイド(その1)
  4. 美風ピンキー製作ガイド※ » 
  5. ストラトス・フォーPinky:st製作ガイド(その1)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

ストラトス・フォーPinky:st製作ガイド(その1)

WF2005[夏]で販売させていただいた
Pinky:st用改造キット
『ストラトス・フォー/本庄美風(メテオスイーパー・プレッシャースーツVer.)』
の製作ガイドを何回かに分けてお送りします。

※ストラトス・フォーについては
『ストラトス・フォー』公式HP
Pinky:stはVANCE PROJECTを参照してください。

展示見本の出来があまりにもアレだったので、リベンジも兼ねてますけど。(^^;
(一応、展示会に展示する作品でもあります。)
クリックすると大きめの画像に
まず、パーツチェックから。
パーツは6個あります。(もし、足りなければ中に入っている連絡先までご連絡ください。)
顔のパーツは市販されているPinky:stのものを流用して組み立てるキットになってます。

全部揃っていたら、パーツを洗浄します。
洗浄の仕方は一般的なガレキと同じです。
私がした方法を書きますと
容器にぬるま湯を張り、中性洗剤を溶かし、パーツを放り込み
そのまま一昼夜放置

歯ブラシにクレンザーを付けパーツの隅々まで磨く。
以上です。
(上記のやり方で離型剤はほとんど落ちますが
念のため、600~800番の紙ヤスリでキット全体をペーパー掛けしておくと尚良いです。)

それでは、製作に入ります。
まず、顔パーツ挿し込み穴の穴掘りから。
ここの穴は3mmです。
いきなり3mmのドリルで穴掘りを行うのではなく
0.5→1→1.5→2→2.5→3mmと順に掘っていくようにしてください。
(そのほうが、穴がヨレてしまったときに修正が効くので)
クリックすると(ry
3mmのドリルで掘る段階になったときは
実際に顔パーツを挿し込み、深さの様子を見ながら、少しづつ掘り進むように。
クリックすると(ry
これは掘り過ぎですが・・・(´Д`;)

頭部パーツには髪の毛を差し込む穴の跡が左右2つあるのですが
モノによってはこのように、飛び出してしまっているものがあります。
(これは、複製品を抜いているときに、シリコンがえぐれてできてしまったものです。)
クリックすると(ry
切り落としてしまいたいですが、この時点ではまだ何もせず放置。

足の裏は1mmのドリルで
クリックすると(ry
深く掘るのではなく、少し窪んだ感じになるように。

はっきりと判るようなパーティングラインや気泡は、パテで処理。
クリックすると(ry
ここでは、アルテコSSP瞬着パテを使用しています。
盛り付けたパテを削って処理したら、次はサフ吹きをします。
(その2に続く・・・)
  • Genre:

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mokeiorz.blog5.fc2.com/tb.php/78-4b2bcd3a この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリー (※印は完成)
ついったぁ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。