1. Top » 
  2. スポンサー広告 » 
  3. 京阪600形(けいおん!ラッピングトレイン)ゲット
  4. 鉄模 » 
  5. 京阪600形(けいおん!ラッピングトレイン)ゲット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Genre:

京阪600形(けいおん!ラッピングトレイン)ゲット

プラッツから発売になった京阪600形「けいおん!」ラッピングトレインが注文してた尼から到着。
価格高め
箱絵が凄く雑なんですが・・・
もうちょっと、がんばろうよ(;´Д`)
キットの内容について。
中身
一見、グリーンマックス(以下GM)製京阪600形のキットとカルトグラフ製デカールのセット売りしただけみたいな内容なんですが、『けいおん!』ラッピング仕様にするため、新規に金型をおこしたパーツが追加されています。

左がGM製のキット、右が新規金型のパーツです。
新規金型
中でも、京阪600形の妻面パーツ。
GMのキット(下)は1次車、けいおん!仕様の車両(上)は3次車と外見にかなりの違いがあります。
新規にパーツを作った一番の理由がこれでしょうね。
妻面
パンタグラフはパーツ数少なめで作りやすそうな感じですが、精密さを求めるのなら似た形状のNゲージ用の別売りパーツを入手して取り付けたほうが良いかもしれないです。
あと台車もNゲージ用のパーツに置き換えてしまうほうが良いかと思います。
破損させる心配もないですし、第一塗装しなくて済むので。

窓のクリアパーツも新規に作られたものです。
嵌め込み式にすることで車体と面一になり、デカールを貼った後でも違和感が無くなります。
嵌め込み式
GMのキットでは薄い透明プラ板を車体内側から貼り付ける形式になっているので、ガラス面と車体にかなりの段差が出来て、デカールを貼るのが難しいのでは?と思ってただけにこの処置はGJです。
既存パーツに後から新規で嵌め込みパーツを作るのって結構手間の掛かることなんじゃないのかなぁ。

デカールについて。
1/150サイズなのに細かいところが潰れていたりとか見難くなっていたりなんてことは無く、いつものカルトグラフクオリティなものとなってます。
2パターンあり
ただ、1枚物のデカールは貼るときの位置決めが大変そうです。
キャラ絵とか『けいおん!』のロゴといったパーツ毎に分けられたデカールも付属しているので車体を塗装してからこれらを貼るということも出来ますが、全体的に水玉塗装なんで激しく面倒くさいことになりそうな予感。

でも折角、世に出していただいた製品なんでなんとか作ってやりたいと思います。近いうちにですが。

追記:
早速、パンタグラフと鉄コレ用の走行パーツを買ってきました。
下のケースは気にするな
台車は似たような形状のものが見つからなかったので車輪のみの交換で済ませます。
(よく見ると新規パーツの台車は出来が良いです。)
TT-03(840円)を選択したのは入手のし易さと、車輪の径がほぼ同じだったため。

パンタグラフはGMのPT42N(630円)。
微妙に形が違う
パンタ基部の形状が微妙に違いますし、大きさも若干小さめです。

ただ、摺り板のディテールが素晴らしい。
摺り板
これだけでも交換する価値はあるかな。

パンタ基部の裏ですがピンの位置がかなり違います。
パンタ基部の裏
屋根への取り付けは穴の修正が必要ですね。

Comment

コメントフォーム
このエントリへコメントを書く
(任意)
(任意)
(任意)
(必須) HTMLタグは使用できません
(任意) ID生成と編集に使用します
(任意) 非公開コメントにする

Page Top

Trackback

Trackback URI
http://mokeiorz.blog5.fc2.com/tb.php/800-01e13bc3 この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)

Page Top

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリー (※印は完成)
ついったぁ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。